仕事やプライベートで注意したいプライバシー


顧客情報を流失させない

最近、プライバシーに関する法律も厳しくなっているので、仕事で顧客情報を扱う場合は流失させないように注意しなければいけないです。もし、不注意などによって顧客情報を流失させた場合、会社の内外で大きな問題になってしまいます。そうなると、今の会社を退職しなければいけないですし場合によっては損害賠償を支払う事になります。顧客情報を扱う場合は、慎重に管理しなければいけないです。パソコンで管理する場合は、悪質なウイルスに感染しないように対策する事も必要です。

もし、インターネットウイルスに感染するとパソコン内部の情報がすべて第三者に行き渡ってしまうおそれがあります。このように日常的に顧客情報が流失する危険性があるので、管理体制を強化しましょう。

プライバシーはプライベートでも注意する

プライバシーの問題は、仕事上だけの問題ではなくてプライベートでも注意しなければいけない事です。例えば、友達の内密な情報を他の人に教えたり、勝手に友達や恋人などの携帯電話を操作するのはプライバシーの侵害になります。恋人だから携帯を見るぐらいなら大丈夫という考えだと相手によっては訴えられる可能性があるでしょう。もちろん、家族同士でもプライバシーを尊重しなければいけないので、家族のプライバシーを侵害する行為は控えるようにします。

また、インターネットの掲示板なので他人のプライバシーを侵害するような発言にも注意が必要です。匿名でも、調査すればだれが発言したのか分かり発言内容によっては大きな問題になります。

シュレッダーがあれば簡単に郵便物や明細の個人情報を細分化して捨てることができ、あなたのプライバーシーを守ることができます。