LEDの寿命は何で決まる?表示されている寿命よりも早く切れたらどうする?


光源の劣化で使えないわけではない

照明器具として白熱電球や蛍光灯があり、最近はLEDを使ったものがどんどん増えています。LEDのメリットは寿命が長く電気代が白熱電球などよりかかりにくい点があり、一方でデメリットとして本体価格が高くなりやすい点があります。うまく使えば白熱電球よりもトータルのコストを下げられるものの、高く買ったLEDの照明器具が表示されている寿命よりも早く使えなくなって損をしたと感じる人もいるかもしれません。白熱電球の寿命は光源であるフィラメントが切れて使えなくなるときに起きますが、LEDは光源自体のトラブルで使えなくなるケースは少ないです。LEDに電気を送る基盤の劣化が寿命に影響しているようで、基盤の耐久性が低いタイプだと寿命は短くなる可能性があるので注意しましょう。

保証が付いているLEDを選ぶ

白熱電球は一つ100円以下でも買えるものの電気代が非常にかかります。LED電球は一つ数千円するものもありますが電気代はあまりかからず、しかも長く使えるので交換の手間もかかりません。ただ数千円したものでも意外に早く使えなくなるときがあり、あまり寿命が短いと損になるときもあるでしょう。そこでLED電球を選ぶときには一定の保証が付いたタイプを選ぶようにしましょう。大手メーカーが製造販売している商品は価格は数千円するものが多いですが、それらの商品に保証期間が提示されています。購入日から使ったとして保証期間以内に使えなくなったときは、メーカーに伝えると同等の商品を無料で送ってもらえます。無駄になったとの気分も無くなるでしょう。

飲食店の店頭のメニューの表示に広く用いられているのがledパネルです。画像が鮮明で、なおかつ省エネ効果があります。